登録販売者

登録販売者

登録販売者とは、2009年の薬事法改正により創設された公的資格です。

薬剤師のいる薬局とそれ以外のドラッグストアやコンビニエンスストアなど店舗販売の大きく分けると2つの場所で一般用医薬品が販売されるようになりました。そこで新たな専門職として誕生した資格です。この資格は、各都道府県が実施する認定試験に合格しなければなりません。

今まで一般用医薬品(ドラッグストアなどの店舗で販売されている調剤以外のお薬の事)の販売は薬剤師しか扱えませんでしたが、薬事法改正により登録販売者にも第2類医薬品と第3類医薬品の販売・取り扱いが認められるようになりました。


■販売できる一般用医薬品   
第1類医薬品  薬剤師のみ(一般用医薬品としての使用経験が少ない等の理由により安全面で特に注意が必要な成分を含む医薬品)
第2類医薬品  薬剤師・登録販売者(主なお薬として、風邪薬・解熱鎮痛剤・胃腸鎮痛鎮けい薬等)
第3類医薬品  薬剤師・登録販売者(ビタミンBやビタミンC含有保健薬・整腸薬等)


※一般の医薬品の90%以上が第2類・第3類医薬品です

 

資格取得には実務経験等の受験条件はあるのですが、この資格があれば、就職の幅がぐんと広がってきます。


【学べる講座一覧】 資料請求は無料です
ユーキャン
医療教育研究所
ヒューマンアカデミー
三幸医療カレッジ




サーバー