Q接客ってどんなことをするの?

Q接客ってどんなことをするの?

A:難しく接客と考えなくて大丈夫です

調剤薬局では、主に薬剤師と調剤薬局事務で運営されています。薬剤師の方は、専門的で高度な知識を基に役割となる薬の調剤・配合がメインの業務で、それ以外の業務を調剤薬局事務が担当します。簡単に言えば、「薬剤師さん以外のお仕事」です。

「接客」と頭で考えると難しいお仕事と感じ、苦手意識を持たれるかもしれません。
ですので具体的に例をあげてみていきましょう。

まず、患者さんがいらしたら、ご挨拶。(「おはようございます」「こんにちは」)

次に患者さんが新規であるか・再来であるか?ということです。

新規の患者さんの場合は薬歴簿(病院でいうカルテにあたるもの)を作成する必要があるので、必要事項を記入してもらいます。その説明を患者さんにします。必要事項を書いてもらうだけなので難しい説明ではありません。

再来の患者さんの場合は保険証の提示を求めたり、「保険証の変更はないですか?」とお声がけをします。お薬の事で患者さんから質問されることがあるかと思いますが、お薬の専門は薬剤師さんなので薬剤師さんに取次ぎましょう。

最後は患者さんに「お大事に」でお帰りになられます。

大雑把な流れですが、緊張するような難しいことは何もありません。仕事を覚えていったり、患者さんと毎日接するうちに接客というより患者さんに対応する技術が自然に身についてきますよ。




サーバー