Q医療事務と調剤薬局事務の違いって?

Q医療事務と調剤薬局事務の違いって?

A:ズバリ一言でいうと仕事をする場所の違いです。

医療事務は病院や診療所などにおける治療費(診察代・注射代・入院代など)の計算や保険の支払いについて請求書を作成するのが主な仕事です。

薬局事務は調剤薬局での薬代の計算・調剤レセプトを作成するのが主な仕事です。

同じ医療という事で、医療費・薬代の計算や請求書を作成するという点では共通していますが、管轄する領域が全く異なります。従って覚える知識も全く違ってくるのです。

極端な例で、解りやすく説明すると 小学校の先生(調剤薬局事務)と大学の先生(医療事務)の違いがあります。同じ「教える先生」としては共通しているのですが、全然違うのがお解かりいただけると思います。


医療事務の場合は、外来の患者さんや入院中の患者さんなど治療費に関する計算や請求業務というのは膨大な量になります。もちろん勤務先の病院の規模によって仕事内容は変わってきますが、繁忙期の勤務は本当に大変な忙しさだそうです。ただし仕事内容は、ほぼこの事務処理が中心なので、慣れてしまえばかなりの量の医療費計算もこなせるようになってきます。

一方、調剤薬局事務の場合もその仕事の中心は医療事務と同じ計算(ここでは医療費ではなく薬代の計算となります)と請求書作成ですが、その対象は外来の患者さんだけなので、事務処理の作業量だけをみると医療事務よりも少ないかもしれません。

ですが、病院が忙しいということは患者さんのお薬の処方もそれだけあるので、繁忙期の勤務は調剤薬局事務でも大変な忙しさには変わりありません。それに、仕事内容は事務処理だけとはいきません。薬剤師の補助といった薬剤知識も必要となりますし、患者さんの接客や介護的気配りなどもあります。


さらに、知識・スキルについていうと、医療事務の場合はカルテから医師の診察・治療・お薬などの情報を読み取ることが必要ですが、調剤薬局事務の場合は、勤務経験が長くなると処方箋を読み取る知識に加えて、薬学業務、薬学一般(医薬品の種類や薬効分類他)などの知識が必要になってきます。

あくまでも、一般的な違いであって小規模な病院や診療所に勤務する医療事務の仕事は受付に会計、処方箋の管理なども行いますし、薬代の計算と請求書作成のみに専念する調剤薬局事務の人もいます。

医療事務と調剤薬局事務は、ともに同じ医療に関する事務が主な仕事内容です。勤める病院や調剤薬局の環境によって任されるお仕事や必要な知識も変わってきます。自分はどちらの環境で仕事をしたいのかを、明確に目標を定め選択しましょう。




サーバー