資格の概要・種類

資格の概要・種類

調剤薬局事務のお仕事は資格がないとできないわけではありませんが、調剤薬局事務のお仕事は女性には非常に人気があり、倍率の高いお仕事です。資格があれば、面接時に自分をアピールできるので採用される度合いは高くなります。

調剤薬局事務の資格といってもいくつかあります。ここでは、おおまかな資格の説明をしておきたいと思います。


「調剤事務管理士」 主催:技能認定振興協会
調剤報酬の仕組みを正確に理解し、調剤報酬を算定・請求したり、調剤報酬の算定に関する基礎知識とスキルの証
 
「医療保険調剤報酬事務士」 主催:医療保険学院
医療保険学院の講座受講者を対象とした試験で修了検定試験に合格すると医療保険調剤報酬請求事務士の認定書が授与されます。

「調剤報酬請求事務専門士」 主催:日本薬局協会賛助会員
調剤事務における資格検定。「専門士」称号を正式に履歴書等に記載できる、国内唯一の資格検定試験

「調剤事務実務士」 主催:医療福祉情報実務能力協会
医療福祉情報実務能力協会当で一定の実務能力を持っている者に与える資格。


これらは国家試験ではなく、民間の試験です。どれも主催者が異なり取得する資格名が違うだけです。

この中でいったいどの資格をとれば採用に優位になるのかとはっきり言うと「どれでも大きな差はない」です。しかし、資格を持っているということは基礎知識がある証明になるので、雇用する側(調剤薬局や病院)にとっては資格があるほうが、ない方より有利にはなってきます。

最近では求人条件として資格優遇または資格必須とはっきり条件を明記されている場合もあります。自分を高く売るという点では資格を持っていると自信にも繋がりますよね。




サーバー