資格取るなら通学?通信?独学では?

資格取るなら通学?通信?独学では?

資格取得には「スクールに通っての通学がいいのか?通信教育がいいのか?」悩むところですが、ここでは<通学>と<通信>のそれぞれのメリット・デメリットを紹介しておきます。


通学・・・先生と顔をあわせての授業になりますのでわからない事はすぐに質問できるという大きなメリットがあります。それに、同じ志を持った人が集まるので勉強しようとする意識がさらにあがりますし、勉強だけではなく調剤薬局に関する情報交換の場ともなります。

また通学の場合は資格取得後の就職の斡旋やフォローなどを行ってくれる学校もあります。しかし、授業料が高い・通学の交通費がかかる・授業や通学に時間的拘束がデメリットになります。


通信・・・仕事や家事など忙しくても通学と同じ内容を自分の家で・自分のペースで学ぶことができ、費用も通学よりリーズナブルとなっています。しかし、逆にわからない事が出てきてもすぐに解決できない・強いやる気と集中力がないと挫折してしまうというデメリットがあります。

通学するのが面倒、今現在仕事をしているので通学は時間的に無理という方なら通信講座がおすすめです。

どちらも一長一短がありますので、ご自分のライフスタイルにあわせるのが一番です。


<独学>
市販の書籍のみで勉強して合格することは可能かと聞かれると、ズバリ!厳しいです。
あなたが、今現在調剤薬局事務で働いている、または医療関係の学校を卒業されたのなら話は別ですが・・・。専門的な用語がバンバンでてくるので、ある程度の医療知識がないと非常に難しいと思います。しかしながら、独学で取る人も少ないながらいらっしゃいます。

「私は独学で!」という方は、独学では受験資格が与えられない資格もありますので、資格実施団体の受験資格を確認された上で頑張ってください。




サーバー