向いている人と向いてない人

向いている人と向いてない人

どんなお仕事でも「適性」があります。興味があるだけではお仕事はできませんよね。

飲食店に興味があるけど、人と接することが苦手なら飲食店にはむいてません。では、調剤薬局事務のお仕事にはどういった人がむいているのでしょうか?

 

まず、お仕事の始まりは患者さんとの対応があります。ここで患者さんはお子様からお年寄りまで幅広い患者さんがいらっしゃいます。老人の方にはゆっくりと大きな声で話すなど、患者さんに合わせた対応が自然と求められます。人と接する事が苦になる方にはむいていないお仕事かもしれません。

また、主に中心は事務作業になります。レセプト作成や薬歴簿作成など事務処理能力を問われます。特に、ここでは薬価報酬などのお金や薬価点数の計算が重要なお仕事になりますので、「パソコンでの入力作業が嫌」「数字に関するお仕事は嫌」といった方にはむいていないお仕事といえます。

 

「接客が嫌ではなく、几帳面さを持ち合わせている方」に向いているお仕事です。

接客や調剤薬局事務でのマナーなど心配なら、通信教育の講座や学校の授業でフォローしてくれている所がありますので確認してみるのも良いでしょう。

初めてのお仕事では、最初からパーフェクトな事はできません。経験を通して自信が生まれてくるものですからめげずにぜひ頑張ってください。




サーバー