働く職場・就職先って?

働く職場・就職先って?

調剤薬局事務の職場にはどんなところがあるのでしょうか?
まず思いつくのは「調剤薬局」ですが、それだけでありません。

「緊急医療施設」
お住まいの地域の医師会が中心となって運営しています。ここでは通常の病院の診察で対応できない夜間の時間帯や休日を中心に救急患者さんを対応するための施設です。「救急医療施設」の運営は夜間・休日が中心になっているだけで病院と同じ医療施設と調剤薬局が合わさった機能を持っています。

夜間や休日の勤務が条件となる職場ではありますが、興味がある方は求人情報や医師会の求人などを確認するとよいでしょう。


「派遣会社」
今では医療の分散がすすみ、「医療事務関係専門の派遣会社」も増えてきています。調剤薬局や病院によっては、直接正社員やパート・アルバイトの募集・雇用をせず、派遣会社を通した派遣社員や派遣パート・アルバイトを雇用している所もあります。
この場合は即戦力になる人材を希望されているので資格や経験が重要となります。

誰でも最初は経験はないものですので、経験がないからといって登録できないことはないのですが、資格を持っていないと厳しいかと思います。調剤事務は専門的な知識を必要とされるお仕事なので資格を持っていると心強いアイテムとなります。

「専門学校」
「派遣会社」と同じように今では「医療事務関係専門の学校」が増えてきました。高校生が次に進学する「専門学校」と社会人が働きながら仕事帰りや土日休日に資格を取るための「学校」も増えてきました。なので、講師といった職種も選択できるようになりました。

この場合は資格保持もさることながら現場での実務経験が条件とされることになりますが、単に薬局事務という枠だけではなくこういった分野もあり転職の視野も広がります。




サーバー